DSC_1136


旦那がタンスを開けっ放しで出掛けていたらしく、帰宅すると自分が入りやすいようにカスタマイズして、母鳥が抱卵するかの如く旦那の服を一心不乱に暖めるリコ様がいました。

DSC_1138


その後数時間経っても彼女はそこを離れず……

DSC_1139


DSC_1140


およそ2時間後ようやく飽きてタンスから出て伸びをした後、再び向きを変えてタンスに戻って行きました。

……本当に卵でも孵す気か!?