黒猫の部屋

我が家の保護猫二匹の黒猫コノとリコの日常を書いています。

我が家の保護猫二匹の黒猫コノとリコの日常を書いています。

最近私が立つ気配を感じると膝に乗って小一時間爆睡するのはリコさんです。
IMG_20191129_135405_691


そしてリコが起きて『さてと』と立とうとすると私の横で目をウルウルさせ『お母さん、私も今、乗りたい……。』と訴えるコノ。
その目に負け結局2時間猫の為に時間を潰す今日この頃です。


さてと。
タイトルの【呼び間違え】は多頭飼いならではの【あるある】ではないでしょうか?

間違って呼ばれてもサラッと流してくれるリコのような子だったらいいんですが、コノはもう、名前を間違えようものなら明らかにイカ耳して目付きも超悪くなりながら、とりあえず抱っこはされてゴロゴロ言うと言う、機嫌がいいんだか悪いんだかよく分からない状態になります。

昨日もついうっかりコノを呼ぶつもりで『リコ~。』と言ってしまったら膝に乗る気満々だったコノが躊躇しました。
『お父さん、私の名前間違った。』って。
で『ごめん、ごめん。間違えちゃった。コノ、おいで。』と呼び直すと仕方なさそうに不満気に旦那のお膝にちょこんとイカ耳してゴロゴロ言ってました。
だからそれ機嫌いいの?それとも悪いの?



リコはもちろん完全室内飼いです。
そして黒猫です。

すばしっこくって、器用で、引き戸も自分で開けて部屋から出ていけてしまうので鈴付きの首輪がないとリコの所在が分からずとても不便と言うか……怖いです。

そんなリコさん、先日家のどこかに首輪の鈴だけを失くすという器用なことをしてくれました。
首輪はしてるのに鈴がないからなんの音もしない。
もう家族みんなで物置とか開ける度に「リコは!?いるっ?!」「こっちにはいないよ!!」「こっちで寝てる!!」みたいな感じでした(笑)

首輪はそのままで鈴だけ新しくしてあげたんですが、その三日後。
まさかの今度は首輪ごと家のどこかに失くしてくれました(泣)

仕方ないので予備の分と二つ首輪を買ってきましたよ。
そしたら……。
そしたらね……。
まさかのように光景が……。

リコが失くした首輪で遊んでる……(泣)

首輪……あったんじゃん……。

買わなくてもよかったんじゃん……。

二つも買っちゃったよ……。

お会計してる時に旦那と『買うと出てくるんだよね』とは言ってたんですがまさか当日にしかも当の本人がそれで遊んでるとは思っていませんでした。

IMG_20191129_135405_691

DSC_1136


旦那がタンスを開けっ放しで出掛けていたらしく、帰宅すると自分が入りやすいようにカスタマイズして、母鳥が抱卵するかの如く旦那の服を一心不乱に暖めるリコ様がいました。

DSC_1138


その後数時間経っても彼女はそこを離れず……

DSC_1139


DSC_1140


およそ2時間後ようやく飽きてタンスから出て伸びをした後、再び向きを変えてタンスに戻って行きました。

……本当に卵でも孵す気か!?

このページのトップヘ